hoshioto'20|岡山県井原市青野町葡萄浪漫館にて開催される野外フェスティバル

出演アーティストARTIST

ANTENA

2011年宮城県仙台市で結成。インディーズ時代に4枚のミニアルバムと5枚のシングルを発表。
2017年10月 1st mini Album「モーンガータ」でメジャーデビュー。
同作品は「第10回CDショップ大賞2018」の「東北ブロック賞」を受賞。


2018年4月、Vocal 渡辺諒の療養にともない、
バンドは活動休止するも既にレコーディングされていた楽曲「ずっとベイビー」を
同年6月にデジタルシングルとしてリリースし、
Spotifyのバイラルトップ50(日本)にて初登場1位(2日連続)獲得。
同年11月デジタルシングル「深い 深い 青」をリリースし活動再開。


2019年1月2nd mini Album「深い 深い 青」をリリース。
リリースツアー「NYTT LANDSKAP」東京、仙台、大阪公演をソールドさせ大盛況となる。
同年5月1日、平成時代へのお別れと新たに来る時代への挨拶の気持ちを込め
元号が変わるその日にデジタルシングル「ごきげんよう」リリース。
同年9月に中国での音楽配信開始を機にバンド表記を「ANTENA」に変更。
同年9月25日第2弾デジタルシングル「入道雲」をリリース。
同年11月6日アルバム先行シングル「Ephemeral」をリリース。
名阪仙の3箇所をまわるツアー「Forsta resan」を開催。
このツアーから会場限定CD「夢 ユメ ゆめ」が発売される。


2020年2月22日に渋谷WWWにて開催されるワンマンライブのチケットは既にソールドアウト。
ファーストフルアルバム「風吹く方へ」リリースツアー「Vinden Blaser」の開催も決定。
渋谷WWW Xを含む全国5ヶ所にて開催。


Vocal 渡辺の地声とファルセットの緩やかな境界線を武器に、人間の機微を歌い、
脈々と受け継がれてきた邦楽のメロディラインと、今なお鳴り続ける洋楽サウンドテイストを波に乗せる。ANTENAが鳴らすのは、バックグラウンドの邦楽と、
進化を続ける洋楽テイストの、“ニューレトロ”というキーワード。