hoshioto official website

岡山 野外フェス ロック 美星町

ほしおと ほしおと

 

ホームページをより快適にご利用いただくためにブラウザは  Safari Google Chrome Firefoxを推奨しています。

    Internet Explorerでは正常に表示されません

TOP   INFORMATION   ARTIS   ACCESS   NOTICE   TICKET   EVENT   CONTACT

鶴(ツル)

埼玉県鶴ヶ島市出身の中学校の同級生3人組。 2003年に結成。

バンド名は鶴ヶ島の頭文字から「鶴」になる。

アフロヘアーと70年代ファッションで話題となり、インディーズながらCOUNTDOWN JAPAN、ROCK IN JAPAN、SUMMER SONICに出演。

3枚のアルバムをリリースしたのち、2008年3月「恋のゴング」でWARNER MUSIC JAPANよりメジャーデビュー。

その後「夏の魔物」、「桜」(TBSドラマ『君のせい』主題歌)、 「その一歩」(オロナミンCのCM)、「小さくても世界は変わってる」(「エンゼルバンク~転職代理人」挿入歌)などをシングル8枚と「情熱CD」「期待CD」のアルバム2枚をリリース。

2011年には菊地英昭(ex. THE YELLOW MONKEY / brainchild's)をゲストギターリストに迎えた「秘密」と「ハートの磁石」という2枚のミニアルバムリリース。

鶴+菊地英昭の4人構成にて東名阪でのワンマンツアーとROCK IN JAPAN、RAISING SUN ROCK FESに出演。

2012年2月に映画「アフロ田中」の主題歌「夜を越えて」をリリースし、この作品を最後に8年間トレードマークだったアフロヘアーを卒業。

4月にアフロ卒業後の第一弾アルバム「我がまま」リリース。

2013年4月鶴結成10周年記念でベストアルバム「グレイテスト鶴です~ベストじゃん!!~」リリースした後、自主レーベルSoul Mate Recordを立ち上げそこから「SOULMATE」「Love&Soul」の2枚のアルバムをリリースした。

2015年、47都道府県TOUR「Live&Soul」~もう、寂しい想いはさせたくない~を発表。